top of page
Search

9.8.2020 Nagasaki Peace Museum

Sada Masashi

 (Japanese singer song writer)

My role model and favourite singer song writer since I was 10 years old is "Masashi Sada". He gave me lots of courage and power since lockdown and he continuously inspires me.

I would like to introduce one of his amazing organisations which follows this message:


'Imagine the smiling face of your loved one. And please think what you can do to keep the face smiling. And then act it out.'


This is the link to his website: http://www.nagasakips.com/archives/category/subscription/english


Message from Masashi Sada:


“What is Peace?” How do you answer this question? When children ask me that, I tell them, “Peace is when everyone gets along and lives together happily.” But this is easier said than done, and nations still wage war. “Hiroshima” “Nagasaki” What does the memory of what happened there mean to the world? “Let Nagasaki be the last Hibakuchi. (site of an atomic bombed city)” “Never let such cruel weapons be used again.” This is something each of us prays for from the bottom of our hearts. But the reality is that a great danger that our prays will not be answered. We imagine and grope for a “Peaceful world”. It is something that is somewhere in our hearts, that everyone longs for. I call this movement the “Peace sphere”. A conception of peace is very difficult, isn’t it? I’m looking for a better simpler, more familiar way to express what peace is, and send it to the world from Nagasaki. This is the message I want to give to all the world and to the Japanese people from all walks of life, just like us in Nagasaki. What should we do to protect the smiling faces of those we love? How can we start? I want to find something which gives us a chance to think about these questions and I think we can do that in Nagasaki. That is the movement we call the Peace Sphere(Gem Fire movement) Please give us your hand. We want extend our love from Nagasaki to the World.

Masashi





小学校時代から大好きだったさだまさしさんの歌。なぜ幼い頃から今も尚、惹かれ続けているのかを今回コロナパンデミック中に思い出す機会に恵まれました。彼の創造する音楽は美しく、意味深く、聞く人に元気と勇気を与えてくれる芸術作品ばかりだからだということに気付くのに30年以上過ぎてしまいましたが、長崎原爆記念日に際して、さだまさしさんの素晴らしい活躍の舞台の一つとそのメッセージを紹介したいと思います。

大切な人の笑顔を守るためにできることを考え続けていきたいと思いながら。。。


http://www.nagasakips.com/


さだまさしメッセージ


平和って何?と聞かれたら、一体どう答えますか? 子ども達にそう尋ねられたときに、僕はこう答えます。 「誰もが仲良く暮らすことです」と。 ところがこれが難しい。地球上では相変わらず、争いが絶えません。 「広島」「長崎」という記憶は、世界にとって一体、何なのでしょう。 長崎が最後の被爆地でありますように。二度とあの残虐な兵器が使用されませんように心から願っています。きっと誰もが。但し、その実現に、危ういものがあることも感じています。 私たちの「誰もが」心のどこかで夢見ている「平和な地球」を想像し、模索する、という意味で、その象徴的な建造物を「ピーススフィア(平和な球体)」と呼ぶことにしました。 平和の概念はとても難しいですね。 身近で解りやすい「平和」を表現する方法がないか、そうしてそれを「かたち」にすることで長崎から世界に、私たちささやかな人生を生きる日本の人々に発信できないかと願っているのです。 あなたの大切な人の笑顔を守るためにはどうしたらよいのか、また、何から始めるのか。 そんなことを考えるきっかけになってくれるような何かを、長崎に作ろうじゃないか。 それが、ピーススフィアの運動(貝の火運動)です。 あなたの力を貸してください。 長崎から世界へ。愛を拡げたいのです。 さだまさし


10 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page